Google Trends で世間の関心度合いの推移を見てみる。

2018年2月18日

Google Trendsは、現在すでにGoogle Labsで公開されている。このソフトは、Googleユーザーが検索エンジンに入力した用語のグローバル検索数をグラフ表示するもので、特定のニュースとの相関関係(そのニュースの影響による検索数の増減)を示したり、その用語の検索が多かった地域、国、言語ごとの棒グラフも表示する。

http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20108768-2,00.htm

世間での関心度合いの推移がわかるわけですね。

思わず手当たり次第に単語をいれてみたくなります。

芸能人/TV番組/スポーツ選手/製品名等々入れてみると、年単位での関心度合いの推移がわかったりします。

チャングムの誓い とか入れてみると、日本では2005年中盤に急激に関心度合いが高くなっていることがわかります。

iPod shuffle, iPod nano と入れてみると、2つを並べたグラフになり、世間の関心度合いは、iPod nano の方が大きかったということがわかります。

Yahoo,Google,Microsoft なんてのを比較グラフで出したりしてみるのもおもしろいです。

Google, Yahoo の日本だけ と、 Google,Yahoo の全世界 のグラフを比べてみると、日本は全世界に比べて Google が Yahoo! を追い上げていないことがわかります。

日本では Yahoo! が強い」と聞いたことがありますが、その傾向が現れているグラフになってます。

今までこういった情報にこれほど気軽にはアクセスすることはできなかったと思いますので、何かおもしろい使い方とか生まれてきそうです。

NET

Posted by toshyon